<< ワカサギ釣り | main | ウォーキングダイエット >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2009.04.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

インプラント治療(人工歯根療法)

インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法のことです。人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けることにより、天然歯とほぼ同じ状態に回復する治療法なのです。入れ歯やブリッジとは違い、違和感や異物感にがなく、しっかり噛めて、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。人工歯根の材料には、チタンが使用されます。チタンは金属でありながら、骨と直接、結合する特徴を持っているのです。また、チタンは、これまで金属アレルギーの報告がない材料としても有名です。

このインプラントの利点は、歯がなくなったことによる食べ物の制限や不便、不満、不快感などのさまざまな問題を解決します。人工の歯がしっかり固定されるため、入れ歯のときの「すべり」や「ずれ」がなくなります。噛む機能が回復し天然の歯とほとんど同じくなるので、食事を楽しむことが出来るようになります。インプラントは仕上がりが天然の歯と区別がつかないほど自然です。手入れが簡単で済みます。

まずインプラント治療では、問診を行い、治療計画を決定します。必要があればレントゲンや、血液検査などをします。 第1回目の手術は局部麻酔で行われ、入院の必要はありません手術は平均1時間程度で終わります。通常、上顎で6〜7ヶ月、下顎で3〜4ヶ月です。 その後2回目の手術を行います(手術が1回のところもあります)。これは、骨と結合したインプラントの本体に歯を支える土台を取り付ける手術です。その3〜4週間後には人工歯を入れます。治療終了後、3〜6ヶ月に一度は検診が必要です。

インプラント治療の禁忌症としては、血液疾患(血友病など)、免疫不全、化学療法が行われている患者、精神神経症があります。その他の病気の場合は、病状によってはインプラント治療が可能です。歯ぎしりの強い場合も避けた方がよいといわれています。インプラント手術が成功するかしないかは、術後1〜2週間で決まるといわれます。そのため抜糸までの1週間の間に数回通院します。その後もメンテナンスも重要です。普段の手入れが大切なことは、普通の歯の場合と何ら変わりません。


RSS関連リンク
ホワイトニングで歯を白くする
ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。 歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。 ...

即時荷重インプラント治療ー現在の到達点?
現在の日本での一般的な即時荷重インプラント治療とその改善への基本概念) 結局の所、現在国内においては即時荷重と言えば、殆どの場合、総義歯の患者に対しての治療か単独歯(抜歯即時植立即時プロビジョナルを含む)へのものであろう。 ...

人工歯根上に義歯をかぶせる治療
人工歯根上に義歯をかぶせる治療を、インプラント治療と呼びます。ブリッジや入れ歯と違って、周囲の歯に負担をかけないため、インプラント治療を受ける人は...


スポンサーサイト

  • 2009.04.15 Wednesday
  • -
  • 19:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ガソリン燃費向上グッズ
ロケットパワーにんじん君ツインGT【ロハスショップe店屋.com】
ガソリンを安くする切り札。進化したにんじん君は自信と安心の返金保証付。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM