<< ガーデニング植花 | main | 外国為替証拠金取引と税金 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2009.04.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

外断熱工法

今、人気の「外断熱」の家とはどういう工法なのでしょうか。断熱材を柱と柱の間に入れて住宅を建てるのが充填断熱・軸間断熱工法(通称:内断熱)と言います。これに対して柱の外側から断熱材を張るのが外張り断熱工法(通称:外断熱)です。

外断熱のメリットの中から代表点を上げてみます。メリット 1、建物の形状がシンプルな場合 隙間風を防ぐ気密工事が非常に効果的に出来る。2、内断熱のように柱などの構造体で断熱が途切れない。3、大工さんが施工がしやすいため手間が減る。

それに対してデメリットは1、断熱材の厚さに制約があり寒冷地の一部では次世代省エネルギー基準に対応しにくい。2、断熱材の上から外壁材を留めるので、地震などの時に外壁材が落ちるなど多少不安が残る。 壁の厚みが増える。3、コストがかかる。などの点が挙げられます。

外断熱工法を流行だからといって安易に決めてはいけません。快適な家造りはトータルバランスが決め手になりますのでメリット・デメリットを理解したうえで決めるのが大切です。住宅会社によって断熱工法に対する考え方は様々ですから、分からない事は遠慮なく聞きましょう。


RSS関連リンク
昔懐かしい、大きな梁や柱のある家がお好きな方へ『真壁工法の構造を見 ...
H様邸は、後半で見ていただく白金のモデルハウスにほれ込まれ、ぜひモデルハウスと同じ高知県産杉材の真壁工法で建替えたいと希望され、昨年よりお打合せを経ていようやく上棟を迎えました。 真壁工法を簡単に説明しますと、昔の建築はほとんどがこれで、 ...

外断熱工法で特別注意する点はなんでしょうか?
・「外断熱工法張り断熱工法)」と言っても各社(施工会社)によって、様々な違いがあります。そして、各社とも「自社の施工方法がベストだっ!」と信じていますから、どれが良くて、どれが悪いということではありません。 ...

外断熱工法で特別注意する点はなんでしょうか?
【質問】実家(埼玉県)が建て替えるので「外断熱の家」を建てたいと考えています。地元の工務店さんに建ててもらうのですが「外断熱工法」の経験が少ないそうです。そこで、外断熱工法に関する注意点をアドバイスしてください。(回答)・「外断熱 ...


スポンサーサイト

  • 2009.04.15 Wednesday
  • -
  • 15:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
ガソリン燃費向上グッズ
ロケットパワーにんじん君ツインGT【ロハスショップe店屋.com】
ガソリンを安くする切り札。進化したにんじん君は自信と安心の返金保証付。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM